2017/11/01

10月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:5509
ナイス数:23

断崖―松本清張初文庫化作品集〈2〉 (双葉文庫)断崖―松本清張初文庫化作品集〈2〉 (双葉文庫)感想
「濁った陽」執筆依頼を受けて、資料集めを始めていたら、偶然に2年前の汚職事件の真相を知りたくなって・・・
「断崖」罪の意識に耐えかねて・・・
「よごれた虹」ひとの恨みは、ある意味恐ろしい・・・
「粗い網版」途中で断念
「骨折」非常に短い短編
読了日:10月31日 著者:松本 清張
失踪―松本清張初文庫化作品集〈1〉 (双葉文庫)失踪―松本清張初文庫化作品集〈1〉 (双葉文庫)感想
4作の短編集である。「草」「失踪」「2冊の同じ本」「詩と電話」。「草」は、「私」の正体を読者にも隠しながら犯人を追い詰めていく、という騙された気分にさせられる1作。
「失踪」は、状況証拠と自白だけで人を裁く難しさを書いた作品。「2冊の同じ本」は、その題のとおり、寄贈された本にある書き込みが気になっていたので、出入りの古本屋からもう1冊同じ本を手にしたことから、主人公の推理と追求がはじまっていき・・・「詩と電話」は、いつも出し抜かれていた記者のカラクリを見破り、ついにそれを出し抜くことに成功はしたが・・・

読了日:10月28日 著者:松本 清張
二重葉脈 (角川文庫 緑 227-25)二重葉脈 (角川文庫 緑 227-25)感想
会社更生法は、誰のためにあるのか?下請け業者やその従業員たちのためでないことだけは確かである。
読了日:10月25日 著者:松本 清張
安部公房とわたし安部公房とわたし感想
それぞれが、自分の立場から状況を見る。
この「自分史」も、私の記憶を辿る思い出のかけらの寄せ集めに過ぎない。

安部公房が大江健三郎より先にノーベル文学賞を受賞して欲しかった。
読了日:10月22日 著者:山口 果林
北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
「しそおにぎり」で思い出したことあり。
半世紀以上前、海辺の親戚の家に荷物を預けて海水浴をしにいった。泳ぎ疲れたので、皆より早めに切り上げ、親戚の家に戻った。空腹だったので、持ってきていたた「しそおにぎり」を腹一杯食べた。何個食べたか覚えていないが、多分ひとり1個分しか用意してこなかったのだろう( ;∀;)あとで、母親からひどく怒られた。
食い物の恨みは恐ろしい💓
そして、その海辺の家は、2011年の津波で消失してしまった・・・
さらば地球よ!
悲しみよこんにちは!
読了日:10月21日 著者:オーサ・イェークストロム
歪んだ複写―税務署殺人事件 (新潮文庫)歪んだ複写―税務署殺人事件 (新潮文庫)感想
権力は腐敗する。 エリート意識にまみれた人間は、カイダンを踏み外せば転落する。重税にあえぐ弱者は見捨てられ、大口納税者だけが優遇されてしまう・・・など複数のいまだに解決できない問題を提起した作品である。
読了日:10月21日 著者:松本 清張
黒い福音 (新潮文庫)黒い福音 (新潮文庫)感想
階級の上下をこの時ほど身に染みて感じたことはなかった。もし、これが同僚や下の者だったら、彼は突進して頸を締めたに違いない・・・
・・・時の総理大臣が某国との外交折衝の思惑のために事件を潰した・・・タカが女ひとり殺されたからといって・・・
読了日:10月18日 著者:松本 清張
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
外国人は、日本の敬語に苦労するらしい。確かに、日本人でも正しく使えてるか疑わしいようでもある。
読了日:10月15日 著者:オーサ・イェークストロム
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
月に向かってお仕置きダ!
読了日:10月13日 著者:オーサ・イェークストロム
落差 (角川文庫 緑 227-13)落差 (角川文庫 緑 227-13)感想
明子(明るい女性)と景子(暗い女性)のとる行動(自殺と殺人)が対照的で、面白い。

読了日:10月13日 著者:松本 清張
草の陰刻 (講談社文庫)草の陰刻 (講談社文庫)感想
新刑訴法に慣熟していない頃の犯罪の物語。
読了日:10月08日 著者:松本 清張
混声の森(下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)混声の森(下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
えー、「大姦は忠に似たり」と申しまして・・・
読了日:10月02日 著者:松本 清張
混声の森(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)混声の森(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
えー、悪妻は100年の不作と申しまして・・・
読了日:10月01日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/10/01

9月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:6597
ナイス数:15

影の車 (中公文庫)影の車 (中公文庫)感想
7つの短編集である。どの殺人者も、本人がそこにいなかったら犯さなかったであろうひとびとである。もしもあそこに行かなかったら、もしも母が義弟と仲良くしなかったら、もしも友人が石を見つけ出さなかったら、もしも彼が自分のアパートに来なかったら、もしも・・・
読了日:09月27日 著者:松本 清張
網 (光文社文庫プレミアム)網 (光文社文庫プレミアム)感想
「信義の裏切り」すべてはそれに尽きる。
読了日:09月25日 著者:松本 清張
新装版 馬を売る女 (文春文庫)新装版 馬を売る女 (文春文庫)
読了日:09月23日 著者:松本 清張
黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)感想
「ゼロの焦点」を思い出しました。
読了日:09月22日 著者:松本 清張
棲息分布〈下〉―長篇ミステリー傑作選〈下〉 (文春文庫)棲息分布〈下〉―長篇ミステリー傑作選〈下〉 (文春文庫)感想
「では、検察という組織の人格は、政治家の圧力に屈しやすい、正義感とはほど遠い性格なんですね。・・・・・
読了日:09月21日 著者:松本 清張
棲息分布〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)棲息分布〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
自分の家での情事は避けましょう(*^。^*)
読了日:09月20日 著者:松本 清張
彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
啓子は、どこにいるのか?
読了日:09月19日 著者:松本 清張
絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
3カラットのダイヤは、数奇な運命をたどり、ついに消滅した。
読了日:09月17日 著者:松本 清張
新装版 陸行水行―別冊黒い画集 (2) (文春文庫)新装版 陸行水行―別冊黒い画集 (2) (文春文庫)感想
「陸行水行」邪馬台国の存在に魅せられた男たちのロマンと末路・・・他3篇。
読了日:09月16日 著者:松本 清張
詩城の旅びと (文春文庫)詩城の旅びと (文春文庫)感想
プロヴァンスで駅伝大会の夢も、バローナの権謀術数で断たれた木村は、気狂い侯爵から高子と小宮を救おうとレボーへ・・・
読了日:09月14日 著者:松本 清張
水の肌 (新潮文庫)水の肌 (新潮文庫)
読了日:09月13日 著者:松本 清張
幻華 (文春文庫)幻華 (文春文庫)感想
Killing me softly with his song
読了日:09月10日 著者:松本 清張
赤い氷河期 (新潮文庫)赤い氷河期 (新潮文庫)
読了日:09月09日 著者:松本 清張
火と汐 (文春文庫)火と汐 (文春文庫)
読了日:09月05日 著者:松本 清張
聖獣配列〈下〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)聖獣配列〈下〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
何はともあれ、ハッピーエンド?
読了日:09月04日 著者:松本 清張
聖獣配列〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)聖獣配列〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)
読了日:09月04日 著者:松本 清張
砂漠の塩 (新潮文庫)砂漠の塩 (新潮文庫)
読了日:09月02日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/09/11

8月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:5266
ナイス数:0

熱い絹(下) (講談社文庫)熱い絹(下) (講談社文庫)
読了日:08月30日 著者:松本 清張
熱い絹(上) (講談社文庫)熱い絹(上) (講談社文庫)感想
この物語は、太平洋戦争に翻弄された人々の悲劇である。
読了日:08月30日 著者:松本 清張
霧の会議〈下〉 (文春文庫)霧の会議〈下〉 (文春文庫)感想
宗教に縛られた人間たちの悲しい末路・・・しかし、ひとは、すべて死ぬ。
読了日:08月26日 著者:松本 清張
霧の会議〈上〉 (文春文庫)霧の会議〈上〉 (文春文庫)
読了日:08月26日 著者:松本 清張
状況曲線〈下〉 (新潮文庫)状況曲線〈下〉 (新潮文庫)感想
談合などの駆け引きで、余計なお金が官僚やブローカーに流れ、その分予算が少なくなるので、手抜き工事が発生するという?税金を使って仕事をするひとたちは、もっと自覚と誇りをもって、まじめに働いてほしい。と、清張先生は言っております。
読了日:08月17日 著者:松本 清張
状況曲線〈上〉 (新潮文庫)状況曲線〈上〉 (新潮文庫)感想
死体をくるくるまわして・・・
読了日:08月17日 著者:松本 清張
湖底の光芒 (講談社文庫)湖底の光芒 (講談社文庫)感想
諏訪湖の湖底には、親会社からキャンセルになって廃棄するしかないレンズなどが、沈んでいるという・・・
読了日:08月14日 著者:松本 清張
地の指 (上) (角川文庫 (5798))地の指 (上) (角川文庫 (5798))
読了日:08月13日 著者:松本 清張
地の指 (下) (角川文庫 (5799))地の指 (下) (角川文庫 (5799))
読了日:08月13日 著者:松本 清張
彩り河〈下〉 (文春文庫)彩り河〈下〉 (文春文庫)
読了日:08月10日 著者:松本 清張
彩り河 (上) (文春文庫)彩り河 (上) (文春文庫)
読了日:08月10日 著者:松本 清張
赤い白描赤い白描
読了日:08月05日 著者:松本 清張
数の風景 (角川文庫)数の風景 (角川文庫)
読了日:08月04日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/08/16

計算狂の女

彼女は、ある大学の助教授だった・・・
専門は、民俗学。











こちらにも、ケイサンキョウの女が・・・

2017/08/15

彩り河

二人は別々の道路を歩いて行った。一人は活発な足どりで、一人はとぼとぼと。ーーー遠くに銀座の彩りの灯が暗い曇り空に河のような帯で映じていた。 (完)

2017/07/20

ヒステリー

えーー、「悪妻は百年の不作」と申しまして・・・

2017/07/06

空の城

「総合商社」安宅産業は、どのように崩壊したか?


時のA政権はどのように崩壊するのか?

奢れる源氏は久しからず。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・・・

2017/06/09

核弾頭搭載ミサイル5発

日本から2万キロ離れたZ国から5発の核弾頭搭載ミサイルが誤射されて、東京の中心に向かっている・・・3発は撃ち落とせても、あとの2発の迎撃は難しいらしい・・・

??どこかで聞いたような








続く

2017/05/24

かさねとは

貸さないということじゃなくて・・・


かさねとは八重撫子の名なるべし  曾良









現代人には、こんなのがピッタリ?








続く