2018/09/17

書斎の死体

昨日の夕方、「キャー」と絹を引き裂くような悲鳴が・・・ 

声のするほうに向かうと、浴室に体長1mほどの生きている蛇が・・・

オーーーー

 これはもしかすると、我が家に恨みか妬みをもった人間の犯行か?
あまりにもかっこよすぎて、すみませんm(__)m。でも仕方がないんです。生まれつきなんです。持って生まれた天性の美貌と富は、隠しようがありません。

2018/09/02

8月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1913
ナイス数:24

吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)感想
「・・・糞づまりに下剤を、金づまりに借金を、そして鼻づまりに吉里吉里語を。・・・」「そげん第九条ば改正すて、軍隊ば持ちてェなら、そう思う連中がまんず全員、兵隊さなればええのだ。連中は、国ば守るなァ国民の義務だとか務めだとがぬがす。それならばだ、国民が自然に『この国ば守らねば』と奮い立つ様な国ば、まず拵えたらどげなもんだ。・・・」そうして、罪深い?古橋健二は、どんな罰を受けるのか?
読了日:08月25日 著者:井上 ひさし
一週間 (新潮文庫)一週間 (新潮文庫)感想
昭和21年春先、ハバロフスクに召喚され、日本新聞に、あるテーマの寄稿を求められた小松修吉の一週間!「・・・なぜ日本人は頼まれてもいないのに鉄砲担いで海を越え朝鮮半島や中国大陸へ押しかけて行き、ちがうコトバを話す人たちを殺したり苦しめたりしたのか。・・・・」「ソ連もひどいが祖国日本もひどい。もう国家なんか信用すまい。」「・・・日本の兵士たちに、戦争国際法の初歩を教えていたら、玉砕の悲劇のほとんどが避けられたはずです。この一事だけでも、わたしはわが国の戦争犯罪者どもを許さない。もう断じて許さない・・・・・」
読了日:08月18日 著者:井上 ひさし
静かな生活 (講談社文芸文庫)静かな生活 (講談社文芸文庫)感想
両親の留守宅を預かることになった私(マーちゃん)とその兄イーヨーと弟のオーちゃん・・・「---子供はみんな可愛いのよ、マーちゃん。それでいてどんな子供の性格のなかにも、成人すれば顕在化するはずのものがひそんでいるわ。その露頭を手がかりにしてね、私は眼の前の子供が中年になった様子を思い描くことにしているわ。・・・・・・」
読了日:08月11日 著者:大江 健三郎
燃えあがる緑の木〈第3部〉大いなる日に (新潮文庫)燃えあがる緑の木〈第3部〉大いなる日に (新潮文庫)感想
「そこで私たちはかれらに向けていう。もっとも起こりそうにない、ほとんど起こりえぬ事故であれ、もし起これば、その事故は怪物的なほど大きい規模の、神に向けられた侮蔑である、そのような人間の作った施設と共に生きることにあなた方は合意するのか?」「本当にそうなら、ギー兄さんの子供を、なんとしてでも、しっかり生まなければならない、・・・・・」ギー兄さんは、投石によって殺されてしまうが、「救い主」に繋がる人間は、また出現してくるに違いない。
読了日:08月05日 著者:大江 健三郎

読書メーター

2018/08/29

雨が降ると・・・

「K君、しばらく」
K所重役が退職のあいさつまわりに来ました。
全損事故車を再生して(当時、セミニューカーと呼称していた)販売していたのがバレて、懲戒解雇になったらしい。
N島次長は、給料減額ですんだみたいだ。当時一番下っ端だった私は、もちろん無罪放免だった。係長はどうなったか覚えていない。
40年以上前のお話です。

続く かな?

2018/08/03

7月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1939
ナイス数:27

燃えあがる緑の木〈第2部〉揺れ動く(ヴァシレーション) (新潮文庫)燃えあがる緑の木〈第2部〉揺れ動く(ヴァシレーション) (新潮文庫)感想
ギー兄さんの父である総領事が死んだ・・・「まだ不信仰の者が、ついに不信仰だった者のために祈るわけだ。それからザッカリーの指揮する娘さんたちのコーラスで、ギレアデには慰めの、癒しのパーム(薬)がある、と歌ってもらいたい。」オセッチャンの息子?である真木雄は、中学生の女子2人を妊娠させたが、・・・・。そして、語り手であり、ザッカリー・K・高安と性交した両性具有者サッチャンは・・・
読了日:07月29日 著者:大江 健三郎
燃えあがる緑の木〈第1部〉「救い主」が殴られるまで (新潮文庫)燃えあがる緑の木〈第1部〉「救い主」が殴られるまで (新潮文庫)感想
ギー兄さんはカジに向かって言う。「---永遠と対抗しうるのは、じつは瞬間じゃないか?ほとんど永遠にちかいほど永い時に対してさ、限られた生命の私らが対抗しようとすれば、自分が深く経験した、一瞬よりはいくらか長く続く間の光景を頼りにするほかないのじゃないか?」
ギー兄さんと性交した のち、両性具有者サッチャンは言う。「---ギー兄さん、あなたを「救い主」にする協会を「屋敷」に建設しましょう。まず「救い主」と、信仰する者ひとりというかたちで・・・・」          
読了日:07月17日 著者:大江 健三郎
懐かしい年への手紙 (講談社文芸文庫)懐かしい年への手紙 (講談社文芸文庫)感想
ノーベル賞対象作。「・・・・自分がギー兄さんの根拠地に加わっていたとしたら・・・・あのねがいが実現して、もう小説に心をわずらわされることなく静かにみちたりた生涯を送りえたのではないかと・・・・」
「・・・・・いまもそれを待っているままのように思うのに、気がついてみると谷間も「在」も変わったし、森の眺めまでも変わってしまって・・・・・ギー兄さんは癌の手術を受けているんだわ。Kちゃんも私も年をとったね。寂しいわ」ギー兄さんと僕(Kちゃん)の二人で一人の物語。ギー兄さんが死んで、妊娠した?オセッチャンは?
読了日:07月09日 著者:大江 健三郎
宙返り 下  講談社文庫 お 2-10宙返り 下  講談社文庫 お 2-10感想
「---チェルノブイリ以後も、この国には原発の大きい事故はありえない、政府も電力会社も宣伝しています。NHKはじめ新聞も同調している。原発の事故が重大なものになることはまあないだろう、とナショナルコンセンサスができあがった国じゃないでしょうか?」しかし、2011年3月原発事故は起きた。「小説家の私の兄は、人間のやることはたいていのものが、わずかにズレをふくんだ繰り返しだ、と書いたことがあります。単なる繰り返しじゃない、ということです。」「古い人」は死んでしまうが、「新しい人」に未来を託そう。
読了日:07月01日 著者:大江 健三郎

読書メーター