2018/01/01

12月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:4987
ナイス数:51

アンナ・カレーニナ〈下〉 (新潮文庫)アンナ・カレーニナ〈下〉 (新潮文庫)感想
「あそこだわ・・・・・・そうすれば、あの人を罰して、すべての人から、いえ、自分自身からも、のがれらるれんだわ」
アンナが死ぬと、ヴロンスキーはトルコの戦地に向かっていった。一方、リョーヴィンとキチイの結婚生活は、まだまだこれから続いていくのです。
読了日:12月29日 著者:トルストイ
アンナ・カレーニナ〈中〉 (新潮文庫)アンナ・カレーニナ〈中〉 (新潮文庫)感想
「・・・が、今はその美しさも、優雅さも、ただ彼の心をいらだたせるばかりであった。」どのような激しい恋もいつか終わりが来るのか?
読了日:12月26日 著者:トルストイ
アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫)アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫)感想
「・・・しかし、彼女は夫の姿が見えなくなるやいなや、自分の手に夫の唇がふれた箇所を意識して、ぶるっと嫌悪の情に身をふるわせた」
愛妻からこんなに嫌われたら・・・
読了日:12月21日 著者:トルストイ
眼の壁 (新潮文庫)眼の壁 (新潮文庫)感想
「一望の夏野に孤独なる日輪  
達夫は口ずさんだ。その日輪のなかに、上崎絵津子の姿があった」
復讐するは我にあり!
読了日:12月18日 著者:松本 清張
わるいやつら 下 (新潮文庫 ま 1-9)わるいやつら 下 (新潮文庫 ま 1-9)感想
わるいやつらは山ほどいるが、奸計たくみに金持ちのお坊ちゃんを騙し、手を汚さず自ら欲するものを易々と手中におさめてしまうやつらが一番悪いのではなかろうか?しかし・・
・「・・・戸谷は嗤った。世間は、女性といえば必ず弱い者と決めている。一番腹黒いのは女ではなかろうか。・・・」
読了日:12月16日 著者:松本 清張
わるいやつら〈上〉 (新潮文庫)わるいやつら〈上〉 (新潮文庫)感想
「・・・これほど、人間の死について杜撰な手続きはなかった。医者に対して信頼しているからといえば体裁はいいが、何といい加減なやり方であろう」
本当に悪い奴は誰か?
読了日:12月14日 著者:松本 清張
性的人間 (新潮文庫)性的人間 (新潮文庫)感想
「・・・・結局われわれは、あの少年のように危険な痴漢になるか、痴漢であることを止めるか、そのどちらかしか道がない気がするんだ」
革命か?死か?われわれは、勝利する。
読了日:12月10日 著者:大江 健三郎
燃えつきた地図 (新潮文庫)燃えつきた地図 (新潮文庫)感想
「・・・いや、もしかすると、ぼくが自分を落としたのではなく、ぼくが自分に落とされたのではなかろうか」
最初に読んだのは、約半世紀ほど前。映画が封切りになった年(1968年)でした。年がバレルね。
読了日:12月08日 著者:安部 公房
喪失の儀礼 (新潮文庫)喪失の儀礼 (新潮文庫)感想
殺人や事故は、土曜日におきる?
読了日:12月03日 著者:松本 清張
十万分の一の偶然 (文春文庫)十万分の一の偶然 (文春文庫)感想
「偶然を待つということは、その偶然が予知されない偶然ではなくて、かならず起きるという偶然、つまり必然ですね。・・・」
読了日:12月02日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/12/01

11月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:4052
ナイス数:38

黒い樹海 (講談社文庫)黒い樹海 (講談社文庫)感想
携帯電話のない時代は、不便なようであるが、都合の良いこともある。
読了日:11月27日 著者:松本 清張
花氷 (講談社文庫)花氷 (講談社文庫)感想
ある国有地の払い下げを画策する不動産業の粕谷は・・・
読了日:11月25日 著者:松本 清張
山峡の章 (角川文庫 緑 227-30)山峡の章 (角川文庫 緑 227-30)感想
宮城県の作並温泉で、妹と夫は心中したのか?
そこには、ある見え透いた印象操作が働いていたのか?
読了日:11月23日 著者:松本 清張
人間水域 (角川文庫)人間水域 (角川文庫)感想
「絶えず権力にすがらなければ自立できないひとりの女流水墨画家がここに居る。・・・」画家たちのすざましい闘争!
読了日:11月22日 著者:松本 清張
北の詩人 (角川文庫 緑 227-35)北の詩人 (角川文庫 緑 227-35)感想
「・・・ 解放後、外国の軍隊の都合で仮に区切られた三十八度線が、このように朝鮮民族全体を二つに引き裂き、それぞれの人間の運命を決定的にしようとは予想もしなかった・・・」
侵略や戦争に翻弄された詩人の運命は・・・
読了日:11月20日 著者:松本 清張
新装版 虚線の下絵 (文春文庫)新装版 虚線の下絵 (文春文庫)感想
4つの短編集。「与えられた生」:与えられた生は、余生か?
「虚線の下絵」:再婚した妻は・・・
「通過する客」平穏無事が一番?
「首相官邸」:未読
読了日:11月17日 著者:松本 清張
分離の時間 (新潮文庫 ま 1-30)分離の時間 (新潮文庫 ま 1-30)感想
分離とは、危険な時間である。
読了日:11月13日 著者:松本 清張
不安な演奏 (文春文庫)不安な演奏 (文春文庫)感想
ラブホテルでの二人の男の密会を、興味本位で録音してみたら・・・
読了日:11月10日 著者:松本 清張
死の枝 (新潮文庫)死の枝 (新潮文庫)感想
11編の短編集である。罪を逃れようと悪戦苦闘している犯人たちの悲しい末路・・・
読了日:11月08日 著者:松本 清張
犯罪の回送 (角川文庫)犯罪の回送 (角川文庫)感想
酒樽のトリックには、参りました(*- -)(*_ _)ペコリ
読了日:11月07日 著者:松本 清張
翳った旋舞 (角川文庫 (6072))翳った旋舞 (角川文庫 (6072))感想
順子、よくやった。偉い!!
読了日:11月02日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/11/01

10月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:5509
ナイス数:23

断崖―松本清張初文庫化作品集〈2〉 (双葉文庫)断崖―松本清張初文庫化作品集〈2〉 (双葉文庫)感想
「濁った陽」執筆依頼を受けて、資料集めを始めていたら、偶然に2年前の汚職事件の真相を知りたくなって・・・
「断崖」罪の意識に耐えかねて・・・
「よごれた虹」ひとの恨みは、ある意味恐ろしい・・・
「粗い網版」途中で断念
「骨折」非常に短い短編
読了日:10月31日 著者:松本 清張
失踪―松本清張初文庫化作品集〈1〉 (双葉文庫)失踪―松本清張初文庫化作品集〈1〉 (双葉文庫)感想
4作の短編集である。「草」「失踪」「2冊の同じ本」「詩と電話」。「草」は、「私」の正体を読者にも隠しながら犯人を追い詰めていく、という騙された気分にさせられる1作。
「失踪」は、状況証拠と自白だけで人を裁く難しさを書いた作品。「2冊の同じ本」は、その題のとおり、寄贈された本にある書き込みが気になっていたので、出入りの古本屋からもう1冊同じ本を手にしたことから、主人公の推理と追求がはじまっていき・・・「詩と電話」は、いつも出し抜かれていた記者のカラクリを見破り、ついにそれを出し抜くことに成功はしたが・・・

読了日:10月28日 著者:松本 清張
二重葉脈 (角川文庫 緑 227-25)二重葉脈 (角川文庫 緑 227-25)感想
会社更生法は、誰のためにあるのか?下請け業者やその従業員たちのためでないことだけは確かである。
読了日:10月25日 著者:松本 清張
安部公房とわたし安部公房とわたし感想
それぞれが、自分の立場から状況を見る。
この「自分史」も、私の記憶を辿る思い出のかけらの寄せ集めに過ぎない。

安部公房が大江健三郎より先にノーベル文学賞を受賞して欲しかった。
読了日:10月22日 著者:山口 果林
北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
「しそおにぎり」で思い出したことあり。
半世紀以上前、海辺の親戚の家に荷物を預けて海水浴をしにいった。泳ぎ疲れたので、皆より早めに切り上げ、親戚の家に戻った。空腹だったので、持ってきていたた「しそおにぎり」を腹一杯食べた。何個食べたか覚えていないが、多分ひとり1個分しか用意してこなかったのだろう( ;∀;)あとで、母親からひどく怒られた。
食い物の恨みは恐ろしい💓
そして、その海辺の家は、2011年の津波で消失してしまった・・・
さらば地球よ!
悲しみよこんにちは!
読了日:10月21日 著者:オーサ・イェークストロム
歪んだ複写―税務署殺人事件 (新潮文庫)歪んだ複写―税務署殺人事件 (新潮文庫)感想
権力は腐敗する。 エリート意識にまみれた人間は、カイダンを踏み外せば転落する。重税にあえぐ弱者は見捨てられ、大口納税者だけが優遇されてしまう・・・など複数のいまだに解決できない問題を提起した作品である。
読了日:10月21日 著者:松本 清張
黒い福音 (新潮文庫)黒い福音 (新潮文庫)感想
階級の上下をこの時ほど身に染みて感じたことはなかった。もし、これが同僚や下の者だったら、彼は突進して頸を締めたに違いない・・・
・・・時の総理大臣が某国との外交折衝の思惑のために事件を潰した・・・タカが女ひとり殺されたからといって・・・
読了日:10月18日 著者:松本 清張
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
外国人は、日本の敬語に苦労するらしい。確かに、日本人でも正しく使えてるか疑わしいようでもある。
読了日:10月15日 著者:オーサ・イェークストロム
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
月に向かってお仕置きダ!
読了日:10月13日 著者:オーサ・イェークストロム
落差 (角川文庫 緑 227-13)落差 (角川文庫 緑 227-13)感想
明子(明るい女性)と景子(暗い女性)のとる行動(自殺と殺人)が対照的で、面白い。

読了日:10月13日 著者:松本 清張
草の陰刻 (講談社文庫)草の陰刻 (講談社文庫)感想
新刑訴法に慣熟していない頃の犯罪の物語。
読了日:10月08日 著者:松本 清張
混声の森(下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)混声の森(下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
えー、「大姦は忠に似たり」と申しまして・・・
読了日:10月02日 著者:松本 清張
混声の森(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)混声の森(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
えー、悪妻は100年の不作と申しまして・・・
読了日:10月01日 著者:松本 清張

読書メーター

2017/10/01

9月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:6597
ナイス数:15

影の車 (中公文庫)影の車 (中公文庫)感想
7つの短編集である。どの殺人者も、本人がそこにいなかったら犯さなかったであろうひとびとである。もしもあそこに行かなかったら、もしも母が義弟と仲良くしなかったら、もしも友人が石を見つけ出さなかったら、もしも彼が自分のアパートに来なかったら、もしも・・・
読了日:09月27日 著者:松本 清張
網 (光文社文庫プレミアム)網 (光文社文庫プレミアム)感想
「信義の裏切り」すべてはそれに尽きる。
読了日:09月25日 著者:松本 清張
新装版 馬を売る女 (文春文庫)新装版 馬を売る女 (文春文庫)
読了日:09月23日 著者:松本 清張
黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)黒の回廊 (文春文庫 ま 1-45)感想
「ゼロの焦点」を思い出しました。
読了日:09月22日 著者:松本 清張
棲息分布〈下〉―長篇ミステリー傑作選〈下〉 (文春文庫)棲息分布〈下〉―長篇ミステリー傑作選〈下〉 (文春文庫)感想
「では、検察という組織の人格は、政治家の圧力に屈しやすい、正義感とはほど遠い性格なんですね。・・・・・
読了日:09月21日 著者:松本 清張
棲息分布〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)棲息分布〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
自分の家での情事は避けましょう(*^。^*)
読了日:09月20日 著者:松本 清張
彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)感想
啓子は、どこにいるのか?
読了日:09月19日 著者:松本 清張
絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
3カラットのダイヤは、数奇な運命をたどり、ついに消滅した。
読了日:09月17日 著者:松本 清張
新装版 陸行水行―別冊黒い画集 (2) (文春文庫)新装版 陸行水行―別冊黒い画集 (2) (文春文庫)感想
「陸行水行」邪馬台国の存在に魅せられた男たちのロマンと末路・・・他3篇。
読了日:09月16日 著者:松本 清張
詩城の旅びと (文春文庫)詩城の旅びと (文春文庫)感想
プロヴァンスで駅伝大会の夢も、バローナの権謀術数で断たれた木村は、気狂い侯爵から高子と小宮を救おうとレボーへ・・・
読了日:09月14日 著者:松本 清張
水の肌 (新潮文庫)水の肌 (新潮文庫)
読了日:09月13日 著者:松本 清張
幻華 (文春文庫)幻華 (文春文庫)感想
Killing me softly with his song
読了日:09月10日 著者:松本 清張
赤い氷河期 (新潮文庫)赤い氷河期 (新潮文庫)
読了日:09月09日 著者:松本 清張
火と汐 (文春文庫)火と汐 (文春文庫)
読了日:09月05日 著者:松本 清張
聖獣配列〈下〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)聖獣配列〈下〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)感想
何はともあれ、ハッピーエンド?
読了日:09月04日 著者:松本 清張
聖獣配列〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)聖獣配列〈上〉―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)
読了日:09月04日 著者:松本 清張
砂漠の塩 (新潮文庫)砂漠の塩 (新潮文庫)
読了日:09月02日 著者:松本 清張

読書メーター